そんな日があってもいいよね。

自分なりのシンプルライフを探して。時々じゃにごと。

長女が新しい段階へまず一歩

大学を休学中だった長女。

このたび退学を決め、先日手続きに行って来たようです。

まだ学校からその旨の書類が送られてきてないのですが(送られてくると思っているのですがどうなんでしょう)、本人が出向いての手続きは終了しています。

 

休学を決めた時からどちらかといえば戻るつもりはなかったようなので、どうするのかやきもきしていました。

ただ親の私達からこうしたら?と提案はしないようにしていました。

親からの提案をすることで選択肢を狭めることはしたくなかったし、彼女自身で決める、決められる時を待とうと思ったからです。

あっさりと書いていますが、かなりの忍耐が必要でした・・。

 

ちょっと別のことで言い合いになった時など、思わず、今後はどうするの!と言ってしまったり。(反省)

全く関係ない時にそんなこと言われたって困りますよね・・・。(再び反省)

 

それでも彼女なりに色々考え、出した結論は退学。

そして今のところ通信の短大に入ろうと思っているようです。

 

彼女のモヤモヤしている気持ちを話してくれたことがありました。

そのモヤモヤは「みんなが出来ていることができない自分が嫌だ」というものでした。

「できないこと」とは「(せっかく入学した)大学に通えていない」ということ。

大学に通ってはみたけれど何だか違うと思い休学している自分が情けないと。

みんなが学校に通っているのに、自分はなぜ通えないんだろうと。

 

今までの私なら、「みんなと違う自分が嫌だというなら、適当に行って適当に卒業すればいいじゃん。難しく考えることはないよ」と言ってしまうところですが、それでは振り出しに戻ってしまいます。

長女が大学が嫌だと言い出した時、まさに私はそんな風に考えていたのですから。

 

でも今はやっと「みんなと同じ」でなくていいと思えるようになりました。

そもそも「大学に通う」=「みんなと同じ」ではないですもんね。

でも長女としては「同じ」な部分も欲しいのだと思います。

 

それが、通信制の短大へ行くという選択だったのだと思います。

 

私としてはこのまま退学してフリーターもしくは就職でもいいかなと思っていたけど、

長女は「みんなと同じ」ように学校を卒業したかったのです。

短大をきちんと卒業できれば、同級生と同じ年に卒業できると嬉しそうに言っていました。

(まだ短大に入学してませんが/笑)

 

今までバイトをしていればよかったものが、これに短大の勉強も入るので忙しくなるでしょうね~。

大丈夫かな~。

ただただ見守るばかりです。

 

先日、大学の頃の親友たちと会う機会がありました。

子供の話をしていると、うちは結構放任なのかな~という気がしています。

それとも友の子への肩入れがすごいのか。

小さいところでいえば、夏休みの宿題。一度も手伝ったことはありません。

忘れたり遅れたりするのは自分の責任ですもん。自由研究とかも子供の思うようにやらせただけで、どんなことをやったのかも覚えてないくらい。

それが、手伝ってるっていうじゃありませんかー。

うちの子の友だちでもよく手伝ってもらったって話を聞いていたけど、そんなに一般的に手伝うもんなのかと。

 

私自身は子供の時、思いっきり手伝ってもらいました。最後の最後まで終わらせないタイプだったもので・・・。

その話をすると子供たちには「ずるい!」と言われましたが、だからといって手伝ってとは言われなかったな~。

頼るだけ無駄だと思ったんでしょうかね。

 

大学の友だちの間では、うちの子が一番上なので経験談として色々な話はしますが、今のうちの子たちの現状も話したりしてるので、あんまり参考にはされないでしょう(笑)

それでも自分がやってきたことを失敗だとは思いたくない。

どこで失敗したのかな・・・と思うこともあったけど、それは子供たちに失礼だし、いろんな道があっていい。

 

うん。

今書いてて思いました。

「失敗した」って単なる親のエゴですね。

子供には子供の人生がある。親の思うとおりになるわけではない。

 

いろんな話を聞くことで自分の気持ちが揺らぐことがあるけど、こうやって文字にしていると、揺らいでた気持ちが少しだけまっすぐになってくる感覚があります。

人間を育てているんですもんね。迷うときがあってもしょうがない。

 

自分と子供は別人格、別の人生を歩むのだと、それを指針にしていれば揺らぎがまっすぐになる瞬間が増えていくのかなと思いました。