そんな日があってもいいよね。

自分なりのシンプルライフを探して。時々じゃにごと。

受験が終わった子供たち

 

わが家の子供たち中3高3のW受験も終わり、晴れて高1と大1となりました。

ちょっと長くなりますが、かいつまんでそれぞれの受験期のことなど書いてみようかと思います。

 

まず次女。

都立推薦受けるも不合格をもらってしまい、かなり落ち込み一時期は都立一般受けたくない!とまで言っていたのですが、落ち着いてきたら、やはり熱望した第一志望校なので都立一般を受けることに。

 

次女が受けた学校、偏差値としては、格段に第一志望の都立よりも併願校の私立の方が高く、都立推薦落ちた時は併願校の私立(その時点で合格していた)にしようかとかなり悩み、私自身も私立でもいいんじゃない?と言ったりもしました。

けど、また勉強しなおし、第一志望の都立に見事合格!

 

都立推薦受ける子は、面接や小論文、うちの子の学校は実技があったのでその練習や対策に追われてなかなか受験勉強にまで手が回らないんですよね。

なので推薦落ちてからだと、また受験勉強を頑張らなくてはいけない。今まで一般一本でやってきた子に負けないよう、勉強し始めないといけない。

かなりの精神力がないと、試験日まで持たないなと思いました。

世の中の中3受験生のおうちの方々、ご苦労様でした!

 

次女の高校は、なんとPTA全員参加!

比較的新しい学校ということと、少し特殊な学校なので、学校の様子は気になるところ。

私自身は役員は積極的にやりたいわけではないけど、やらなければならないのであればやるよ~というスタンス。

少し楽しみでもあったりします。来年の今頃どんな感想かはわかりませんが(笑)

次女も毎日楽しく通ってくれているので一安心です。

 

そして長女。

私立の付属校に通っていたのでそのまま上の大学に行ってもいいのになぁと思っていましたが、本人が拒否し(笑)他大を受験することに。

何もやりたいことがない、興味のあるものはない、とはなから大学に行く意味あるのか?と思わざるを得ないような発言が相次ぎ、何度もバトル。

高校もだけど、大学なんて行きたい人が行くところなのに、自分から探そうとしない長女にイライラし、それでも話し合いを重ねて「大学に本当に行きたいのか」という意思確認をし、何とか志望校を数校選び受験。

付属の大学の合格をもらっての受験だったので、多少は気を楽にして受けることは出来たと思っています。

センター利用はすべてダメでしたが、第一志望ではないものの1つ合格をもらいました。

説明会に行った時も、一番興味のある分野に近いね、なんて話していた大学だったので安心していたのですが・・・。

 

高校3年生ってほとんど学校行かなくていいんですよね。

うちの子も受験期はほとんど学校に行かず、合格をもらってから卒業式までずっと家にいましたよ・・。

そして卒業式後も、入学式までやはりほとんど家にいました。

そこで友達と遊ぶわけでもなく、バイトをするわけでもなく、教習所に通うわけでもなく、うちの手伝いをするわけでもなく、ただひたすら家にいました。

昼過ぎに起きてきて、テレビやスマホを見て、ずーっとやってなかったゲームなんかもしたりして。

はじめのうちは、私もそれでもいいやって思ってました。

長い長い受験を終えて、ただダラダラする日があったっていいじゃんって。

でもそれがよかったのか悪かったのか、大学に行きたくないと言い出しました。

 

ほとんど家にいるだけで何もしてなかったから、色々考えすぎて不安がいっぱいになってしまって、「行きたくない」と言い出したんだんだろうな、少しでも忙しくなってくればそんなこと考えている余裕はなくなるだろうと楽観的に考えていました。

結局のところ現在大学に通っているのですが、やっぱり毎日いやだいやだと言っています。

自分とは雰囲気の違う人たちばかりで話しかけられないとか、サークルもよくわかんないからいやだとか・・・。

自分から何とかしようという気持ちが見られなくて、なんだかモヤモヤしてしまう。

 

大学ってもちろん行きたいから行くんでしょうけど、実際のところ何となく行く人の方が多数派なんじゃないでしょうか?私自身もそうだったし。

何となく行ったけど、行ってみたら意外と楽しくて、興味のあることも出てきたって感じで。

だから長女の、まずは否定から入ってく感じが何となく違う・・・と感じてしまいます。

 

そんな時、新聞で紹介されてる本を見て、これは!と思った本があったので長女に読むよう薦めてみました。

こちら↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大学1年生の歩き方 [ トミヤマユキコ ] 価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/14時点)

 

 

 

まさに今の長女にぴったりです。

いやいやながらも、どうやらあっという間に読んでしまったようです。

親が読んでみるのもおすすめです。

大学生になっても、どうしてもあれこれ口出ししてしまう・・・。

子供にとってはいい迷惑な部分もあるでしょうが・・。

長女とともにあれこれ悩み、高校の時のように入った時は不安でも卒業する時には楽しかった!と言えるような学生生活が送れるといいなぁ。

 

 

ー*-*-*-*-*-
読んでくださりありがとうございます。
ご訪問の記念にポチッとお願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村